外国人留学生が留学ビザ(学生ビザ)から就労ビザへ変更する場合に留意すべき就職先の業務内容と専攻内容との関連性


 

Q 外国人留学生が留学ビザ(学生ビザ)から就労ビザへ変更する場合、就職先の業務内容と専攻内容との間に関連性が求められると聞きましたが本当でしょうか?

 

 


 

A

<就職先での職務内容と専攻内容との関連性>

⇒ 一般的に留学生が日本の大学等を卒業後日本で就職する場合、「技術・人文知識・国際業務ビザ」の許可を受けて、就職することが多いと考えられるところ、それぞれビザで求められる要件を満たす必要があります。

 

特に問題となる点は、技術・人文知識・国際業務ビザ等では、入管法の運用において、大学や専門学校で学んできた専攻内容と就職先での職務内容との間に関連性が求められることです。

 

そのため、留学生が留学ビザ(学生ビザ)から就労ビザへ変更する場合、関連性を意識して申請する必要があり、就職先も専攻内容と大きくかけ離れたところは控えた方がいいと考えられます。

 

 この点、下記で示すように、入管法の運用として、留学生が大学卒業者か専門学校卒業者(専門士)かにより、就職先の業務内容と専攻内容との関連性に関し、審査の厳格さが異なります。

 

「留学生が大学卒業者の場合」

留学生が大学卒業者の場合、現在の企業では、大学で学んだこと以外の知識も多く用いるため、留学ビザ(学生ビザ)から就労ビザへ変更申請する場合、専攻内容と職務内容との関連性は緩やかに判断されるとされています。

 

「留学生が専門学校卒業の場合(専門士)」

留学生が専門学校卒業者(専門士)の場合、大学卒業者と異なり、専攻内容と職務内容との関連性が求められます。