就労ビザと最長の在留期間



就労ビザで最長の在留期間を得るために必要なこと

技術ビザ、人文知識・国際業務ビザ等の就労ビザで、最長の在留期間である5年を得るためには、現在の入国管理局の運用では、カテゴリー制度にあるカテゴリー1又は2に該当する等、安定した企業や大企業で就労することが重要となってきます。


また、申請人が住居地の届出や所属機関の変更の届出等の入管法上の届出義務を履行していることも、最長の在留期間を得るためには必要になります。