No.125-就労ビザにおいて審査対象となる採用会社の財務力・経営状態


 

Q 技術・人文知識・国際業務ビザ等の就労ビザの審査において、採用会社の財務状態はどのように取り扱われますか?

 

 


 

A

<外国人雇用の場合における採用会社>

⇒ 外国人が就労ビザを申請する場合、その外国人のみならず、採用会社についても審査の対象となります。

 

具体的に、その採用会社が「安定的」「継続的」に事業展開を行い、従業員に対する給与の支払いが滞りなく行われるものか等、採用会社に関する様々な点を審査されます。

 

もし、外国人に日本人と同等額以上の報酬を支払える財務力がない会社の場合、その外国人に就労ビザが認められる可能性はかなり低くなるといえます。

 

したがって、外国人雇用の実務では、外国人の経歴のみならず自社の財務力も重要な審査対象となってきます。