芸術ビザと外国人芸術家



芸術ビザで認められる活動

下記に掲げる活動は、公衆に見せて収入を得るといった興行の形態をとる場合を除き、芸術ビザの範囲に該当する「芸術上の活動」になります。


(1)作曲家、作詞家、画家、彫刻家、工芸家・著述家、写真家等の芸術家として行う創作活動

(2)音楽、美術、文学、写真、演劇、舞踊、映画等を対象とした指導




芸術ビザで大事になるところ

芸術ビザの許可要件を満たすには、


(1)展覧会への入選を果たす等相当程度の実績があること

(2)芸術上の活動だけで安定的に生活できること


がそれぞれ必要です。




他のビザとの区別

芸術ビザと他のビザとの区別は下記の通りとなります。


(1)収入を伴わない芸術上の活動は、文化活動ビザとなります。

(2)収入を伴う芸術上の活動であっても、それが興行形態で行うものであれば、興行ビザに該当します。

(3)大学等において、芸術上の研究指導又は教育活動を行う場合、教授ビザに該当します。