No.136-外国製機械のメンテナンス目的で海外技術者を日本に呼び寄せる場合のビザ


 

Q 外国製機械のメンテナンス目的で外国人技術者を日本に呼び寄せることは可能ですか?

 

 


 

A

<メンテナンス目的で外国人技術者を日本に呼び寄せる場合>

⇒ メンテナンス目的で外国人技術者を日本に呼び寄せる場合、様々なケースが想定でき、下記で示すように大きく分けて3つの方法で外国人技術者を呼び寄せることが可能です。

 

(1) 海外の会社との間に、親子会社等の資本関係があるケース

 ⇒ 外国人技術者を企業内転勤ビザで呼び寄せる。

(2) 日本の会社が海外の会社に所属する外国人技術者を雇用するケース

 ⇒ 外国人技術者を技術・人文知識・国際業務ビザで呼び寄せる。

(3) 技術者の滞在期間が90日以内等短期間で済み、報酬が海外の会社から支払われるケース

 ⇒ 短期滞在ビザで来日してもらう。

 

このように、単にメンテナンス目的で外国人技術者を日本に呼び寄せるだけでも、複数のビザが選択肢として挙げられ、会社の状況に応じて最適なビザを選択することになります。