No.141-子がいる場合の定住者ビザへの変更


 

Q 結婚して9年目を迎えた日本人男性と外国人女性(在留資格:日本人の配偶者等)が今回離婚をすることになったところ、二人の間に子供が一人おり、子供は外国人女性が引き取って育てたいと考えている場合、日本で子供と一緒に暮らすにはどのような手順を踏む必要があるのでしょうか?

 

 


 

A

<市区町村での手続と入管での手続>

⇒ この外国人女性が日本に在留することを考える場合、定住者ビザを検討することになり、許可要件は下記の通りとなります。

 

(1)生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

(2)日本人の実子の親権者であり、現に相当期間その実子を監護養育していることが認められること

 

そのため、外国人女性が子供の親権者となるように、離婚の協議において定め、かつ、離婚届書にその旨を記載する必要があります。

 

離婚後は、できる限り早く、現在の在留期限が来るまでに、日本人の配偶者等ビザから定住者ビザに変更してもらうように「在留資格変更許可申請」を行う必要があります。