No.148-外国人従業員への給与カット・給与削減による就労ビザに係る報酬要件への影響


 

Q 外国人従業員への給与カットを実施した場合、就労ビザへ何かしらの影響が及びますか?

 

 


 

A

外国人従業員への給与引き下げの問題点>

⇒ 外国人の場合、たとえ本人が同意した場合であっても、その給与の引き下げが外国人だけに行われ、結果として日本人社員よりも給与水準が低くなったときは、技術・人文知識・国際業務ビザ等の就労ビザで許可要件とされる「日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。」という要件(報酬要件)に該当しなくなります。

 

その結果、ビザに関する許可要件を充足していないとして、次回の在留期間更新許可申請の際に不許可となることが予想されます。

 

したがって、外国人従業員への給与引き下げ・カットは、就労ビザに係る許可要件との兼ね合いで慎重になる必要があります。