大学中退の外国人留学生が学歴要件が不要な就労ビザへ変更して就職する場合



外国人留学生が大学中退をした場合

大学中退をした外国人留学生は、大学卒業者の外国人留学生と違って、企業等は就労ビザの資格で採用するのが難しくなります。


なぜなら、技術ビザや人文知識・国際業務ビザ等の多くの就労ビザでは、学歴要件が設けられており、一定の例外を除き、大学を卒業しなければならないからです。




大学中退者を採用できる可能性がある場合

もっとも、大学を出ていなくても採用できる場合もあります。具体的に、下記の通りです。


(1)技術ビザや人文知識・国際業務ビザの申請を考えている場合で、今後行う業務について10年以上の実務経験があるケース(大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校の後期課程又は専修学校の専門課程において当該技術又は知識に係る科目を専攻した期間を含む。)


(2)情報処理業務に従事するために技術ビザの申請を考えている場合で、法務大臣が告示をもって定める情報処理技術に関する試験に合格し又は法務大臣が告示をもって定める情報処理技術に関する資格を有しているケース


(3)来日前に本国等で大学を卒業し、「学位」を得ているケース