興行形態でない場合の興行ビザ



芸能活動の内、興行形態でない場合の興行ビザ

芸能活動の内、興行形態でない場合、下記の要件に合致することが必要であり、(1)~(4)については、相互に重複して該当することがあります。


申請人が興行に係る活動以外の芸能活動に従事しようとする場合は、申請人が次のいずれかに該当する活動に従事し、かつ、日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。


(1)商品又は事業の宣伝に係る活動

→ex.ファッションモデルの活動、デザイナー


(2)放送番組(有線放送番組を含む。)又は映画の製作に係る活動

→ex.監督、制作技術者、芸能人、俳優、歌手


(3)商業用写真の撮影に係る活動

→ex.ファッション雑誌のモデル


(4)商業用のレコード、ビデオテープその他の記録媒体に録音又は録画を行う活動

→ex.歌唱や音楽のみならず、外国語によるCD等への録音