新規上陸後の住居地の届出



新規上陸の中長期在留者である外国人

住居地を定めた日から14日内に、住居地を定めた市区町村へ自ら赴いて、市区町村長を経由して、法務大臣に対して、住居地を届け出なければなりません。


もし、この届出を怠ると、罰則の適用があり、「正当な理由」なく90日以内に住居地を届け出なければ、取消対象となることに注意を要します。




本人以外の者による届出

この届出は、中長期在留である本人以外の者も届け出ることができ、具体的には下記の者が届け出ることができます。


A 本人に代わって行わなければならない届出(本人が16歳未満又は疾病その他の事由により届け出ることができない場合)

(1)配偶者

(2)子

(3)父又は母

(4)(1)から(3)まで以外の親族


B 本人等から依頼を受けた者による届出(前記Aの(1)から(4)までの者から依頼を受けて届け出る場合)


C 本人の法定代理人による届出