No.205-研修ビザと「公私の機関」の受入れ体制


 

Q 研修ビザでは、外国人が日本の「公私の機関」により受け入れられて技能等の修得活動を行うものとされていますが、どのような受入れ体制である必要がありますか?

 

 


 

A

<「公私の機関」の受入れ体制>

⇒ 研修ビザについて、入管法では、日本の「公私の機関」により受け入れられて技能等の修得活動を行うものとされていますが、その「公私の機関」とは、研修生を受け入れて自らの指導の下に研修を実施する機関であり、積極的な体制を有する必要があります。

 

具体的には、受入れ機関に下記の条件及び体制が備わっている必要があります。

(1)人的条件

→ 知識及び経験を有する指導員が指導すること等

(2)物的条件

→ 生産機械、設備、座学の実施場所等

(3)事務的体制

→ カリキュラムの策定、研修手当の支給事務等