No.207-付された条件の違反、法令違反行為等を理由とした資格外活動許可の取消


 

Q 資格外活動許可の取消について教えてください。

 

 


 

A

<資格外活動許可の取消事由>

⇒ 入管法19条3項では、資格外活動許可の取消が行える場合について、「法務大臣は、前項の許可を受けている者が同項の規定に基づき付された条件に違反した場合その他その者に引き続き当該許可を与えておくことが適当でないと認める場合には、法務省令で定める手続により、当該許可を取り消すことができる。 」と定めています。

この条文から判明することは、資格外活動許可を取り消せる場合とは下記の通りということになります。
(1)付された条件に違反した場合
(2)引き続き当該許可を与えておくことが適当でないと認める場合
ex
・法令違反行為を行っていた場合
・仮放免許可されている者が、仮放免の条件(報酬受領活動への従事の禁止に限る。)に違反した場合

・その他引き続き許可を与えておくことが適当でないと認める場合