外国人が転職を行う場合に活用される就労資格証明書の役割・意義


 

Q 外国人が転職する場合、就労資格証明書交付申請をすると良いと聞きましたが、本当ですが?

 

 


 

A

<就労資格証明書の役割・意義>

そもそも、就労資格証明書とは、我が国に在留する外国人からの申請に基づき、その者が行うことができる収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動(以下「就労活動」といいます。)を法務大臣が証明する文書です。

 

例えば、技術・人文知識・国際業務ビザを有する外国人技術者が、現在の勤務先を退職して似たよう業種を扱う別の会社へ技術者として転職する場合に使われます。

 

 

 

就労資格証明書交付申請を行う狙いは、新たに勤務する勤務先の活動内容が現在持っているビザの範囲内の活動であるか否かを早い段階で入管に確認してもらうためです。

 

 

ただし、技術・人文知識・国際業務ビザを有する外国人が転職先で教育ビザへ変更する場合のようにビザの種類が変わるときは、在留資格変更許可申請をしなければなりません。

 

転職時に就労資格証明書交付申請が活用されるケースというのは、転職してもビザが変わらない場合であり、注意を要します。

 

就労資格証明書の交付を受けていると、転職先での業務内容等について一度審査を行っていることになるので、次回のビザ更新で、不許可になるということは少ないです。 

 

 

 

<就労資格証明書の交付対象者>

⇒ 就労資格証明書は外国人であれば誰でも交付申請できるわけではなく、一定の外国人が交付申請できるとされています。

 

具体的には、次のいずれかに該当する外国人が交付対象となります。

・ 就労資格をもって在留する者

 

・ 資格外活動許可を受けている者

 

・ 在留資格が特定活動に該当する者で収入・報酬を受ける活動を行っている者

 

・ 居住資格もって在留する者

 

・ 特別永住者