研修ビザで求められる技能等の水準



研修生が修得する技能等の水準

研修ビザの活動内容について、入管法では、「本邦の公私の機関により受け入れられて行う技能等の修得をする活動」としていますが、下記の場合はここでいう「技能等」には該当しないとされます。


(1)すでに研修生が身に付けている技能等を修得しようとする場合


(2)研修計画の到達目標が低く日本から移転すべきレベルに達していない場合


また、これに関連して、研修ビザの上陸基準省令には、「申請人が修得しようとする技能等が同一の作業の反復のみによって修得できるものではないこと。」と規定され、日本で修得すべき必要性が低いものは、研修ビザでは行えない活動となります。





                           ご案内

 

 ビザ申請(就労ビザ・永住ビザ・配偶者ビザ)に関するお問い合せはこちら