No.227-外国人ソムリエと就職先の規模


 

Q 外国人がソムリエ業務を行う場合、その就職先の規模としてはどれくらいのレベルが求められますか?

 

 


 

A

<外国人ソムリエと就職先>

⇒ 外国人がソムリエ業務を行う場合、技能ビザに該当するか否かを検討するのが一般的で、その業務内容として、テイスティングのみならずワイン選定、仕入れ、保管、販売、管理等ワインに係る幅広い業務を行うものであるため、勤務先において、これらの内容の飲食関連事業を行っているか否かについて審査されます。

 

 

<就職先の規模>

⇒ 勤務予定先の事業所が小規模の事業所であっても、ソムリエを必要とするケースもあるため、事業所の規模のみで審査されるわけではありません。

 

飲食店舗にあっては、ソムリエ以外に、食器洗い、給仕、会計等の専従の従業員が確保されていることが必要になってきます。