No.242-シフト勤務体制を採用する職場で資格外活動許可を得た外国人留学生による週28時間のアルバイト勤務


 

Q 日本人学生のアルバイト時間が週30時間の場合、「同じ学生」ということで外国人留学生のアルバイト時間を会社の都合で勝手に週30時間にしても大丈夫でしょうか?

 

 


 

A

<シフト勤務制のアルバイト先と外国人留学生>

⇒ このようなことは認められておらず、シフトを組む際は、たとえ会社がアルバイトには会社独自の時間枠で勤務してもらいたいと考えていたとしても、資格外活動許可で認められる「週28時間」の制限は守らなくてはなりません。

 

たとえ「週28時間」の制限を遵守していても、アルバイト先が人手不足に陥っているということで、外国人留学生の力を借り、週28時間から週30時間に勤務時間を引き上げて、働かせるのも違法行為となります。

 

もし、週28時間を超えてオーバーワークしていた場合、資格外活動許可違反ということになり、留学ビザ(いわゆる学生ビザ)の更新が厳しくなってきますので、注意を要します。