No.257-国際結婚と国籍選択(日本人女とイラン人男)


 

Q 日本人女とイラン人男が婚姻した場合の国籍選択について教えて下さい。

 

 


 

A

<日本人女がイラン人男と結婚した場合の国籍関係>

⇒ 日本人女がイラン人男とイラン国の方式で婚姻を成立させた場合、イラン民法により日本人女はイラン国籍を取得することになっているため、日本国籍とイラン国籍の2重国籍となります。

 

なお、このケースだと、国籍法11条1項に「日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。」と定められている関係で、日本人女が婚姻を機に日本国籍を失うのではないかという懸念もありますが、「自己の志望により」とはいえないため、イラン人と婚姻しただけで日本国籍を喪失することはないとされます。

 

 

<国籍選択届>

⇒ もし上記のケースで、日本人女が国籍選択届を行って、イラン国籍を選択する場合、市区町村長は、その届を受理することになります。

 

もっとも、日本国籍とイラン国籍の2重国籍となるケースというのは、イスラム方式で婚姻を成立させた場合に生じ得るものであり、イスラム方式で婚姻を成立させなければ、国籍選択の必要はありません。