No.287-国際結婚と報告的婚姻届の流れ


 

Q 国際結婚時に外国の方式により婚姻を成立させた場合の報告的婚姻届について教えて下さい。

 

 


 

A

<報告的婚姻届の流れ>

⇒ まず、外国の方式で婚姻を成立させた場合、3ヶ月以内にその国に駐在する大使や領事等に、外国の方式で成立したことを証明する婚姻証書等を提出しなければなりません。また、この婚姻証書等を本籍地の市区町村長へ直送したり、帰国後直接提出することも可能です。

 

しかし、婚姻証書を提示しなければならないとしても、このような婚姻証書等の体裁は、各国毎に違いがあり、審査の現場では、果たして真正な証明書なのかという疑問が生じます。

 

そこで、同種の事例を扱った先例を参照したり、管轄法務局長への受理照会を行って、審査することになっています。

 

例えば、外国の方式で日本人女とスウェーデン人男が婚姻をした場合において、市区町村長への報告的婚姻届を行うときは、先例上、下記の書類を添付することになっています。

・ スウェーデン国税務署が発給する身分事項証明書

・ 婚姻証書