再入国許可の延長とビザの喪失



Q この度,長期間海外へ行く予定なのですが、その場合に再入国許可を受けずに、みなし再入国許可により出国したときは、在外の日本大使館等で、再入国の許可の期間を延長することはできますか?






A もし、みなし再入国許可により出国した場合、その有効期間を海外で延長することはできず、出国の期間が1年(特別永住者は2年)を超えたときはビザが失われることとなります。


出国している期間が1年(特別永住者は2年)を超えることが予想される場合は、出国前に再入国許可を受けて出国する必要があります。


なお、一定の要件のもと手数料を納めれば、「みなし再入国許可」の場合には認められませんが、「再入国許可」の場合には、在外公館において、再入国許可の有効期間の延長をすることが可能です。





                           ご案内

 

 ビザ申請(就労ビザ・永住ビザ・配偶者ビザ)に関するお問い合せはこちら