外国人が日本に入国・上陸するための条件



Q 私は外国人ですが、日本に入国して上陸するために法令上の要件として、何が必要ですか?





A まず、入管法では、「入国」と「上陸」を別個の概念として区別し、この2つについてそれぞれ異なった規制をするという入国管理法制を採用しています。

 

これは、日本が周囲を海に囲まれており、外国人が領海内に入ること(入国)と外国人が領土に入ること(上陸)を区別しているためです。

 

なお、このような区別の方法がなされるのは、周囲を海に囲まれているためであり、外国と国境を陸続きで接する国にあっては、入国とは別に上陸という概念を設定する実益はありません。

 

「入国の要件」

外国人が日本の領域内に入るためには、入国の要件として、有効な旅券を所持していなければならず、入国審査官から上陸許可の証印又は上陸の許可を受けないで本邦に上陸する目的を有する者は日本に入国することはできません。

 

ただし、乗員又は日本において乗員となる外国人については、有効な乗員手帳を所持していれ、有効な旅券を所持していない場合でも日本に入国することができます。

 

 「上陸のための条件」

入管法では、外国人が上陸を希望する場合には、上陸のための条件として、以下の5つの条件を満たすことが必要とされます。
① 有効な旅券及び日本国領事官等が発給した有効な査証を所持していること

② 申請に係る活動(日本で行おうとする活動)が偽りのものでないこと
③ 日本で行おうとする活動が、入管法に定める在留資格のいずれかに該当すること
また、上陸許可基準のある在留資格については,その基準に適合すること
④ 滞在予定期間が、在留期間を定めた施行規則の規定に適合すること
⑤ 入管法第5条に定める上陸拒否事由に該当しないこと

 

 



                           ご案内

 

 ビザ申請(就労ビザ・永住ビザ・配偶者ビザ)に関するお問い合せはこちら