日本人の配偶者等ビザと主たる生計者の失職・リストラ



Q 現在、外国人妻として日本人の配偶者等ビザで日本に在留していますが、この度日本人夫(主たる生計者)が勤め先でリストラに遭ってしまい失職状態です。


そこで、質問なのですが、日本人夫の失職状態により、私の日本人の配偶者等ビザの更新に何かしらの影響がありますか?





A 一時的に失職ことだけだけで、再度の更新が一切認められないというわけではありませんが、主たる生計者が失職状態であり続けるというのは、日本人の配偶者等ビザの更新を確実にするという観点からは好ましいとはいえません。


なぜなら、日本人の配偶者等ビザは婚姻の信憑性はもちろんのこと、夫婦共同生活が安定して営まれることが必要であり、主たる生計者の経済状態も審査されていると考えられるからです。


具体的には、生活費をどのように捻出し、夫婦で生活しているのかを入管に説明することが重要となります。


特に、日本人の配偶者等ビザの更新許可の確率を少しでも向上させるには、①外国人妻がアルバイト等をしている場合、そこでの在職証明書を提出すること、②日本人夫が仕事探しをしていることをそれぞれ証明することが重要となります。