No.375-就労資格証明書がないことを理由としたした不利益な取扱い


 

Q 現在、技術・人文知識・国際業務ビザで3年をもらっていますが、キャリアアップのために転職を考えています。そこで、就労資格証明書のことで疑問があるのですが、外国人の転職時に就労資格証明書を用意しないと採用されないのでしょうか?

 

 


 

A

<転職時の就労資格証明書交付申請>

⇒就労資格証明書の趣旨は、採用側が雇用しようとする外国人がどのような就労活動を行えるのかを簡単に確認できるようするためです。


そのため、就労資格証明書自体は外国人が就労活動を行うための許可書の性質を有するものではなく、これがなければ外国人が就労活動を行えないというものでもありません。

 

また、入管法第19条の2第2項では、就労資格証明書を提示しないことにより、雇用の差別等の不利益な扱いをしてはならない旨が定められています。

 

ただし、転職手続をスムーズに行うためには、就労資格証明書を用意しておくことも必要となってきます。