No.379-商談・打ち合わせ目的で来日する場合の短期滞在ビザ



Q 私は、日本にある取引先に商談・打ち合わせ目的のため、短期滞在ビザ(本件では査証免除扱い。)でこの半年間に複数回、日本に入国しました。


そんな中、先日いつもの通り商談・打ち合わせ目的のため、日本に入国しようと上陸審査に臨もうとしましたが、いつもと違い、入国の目的等を質問されました。


なぜ、前まで、問題なく入国できていたのに、急に入国審査官から質問を受けることになったのですか?




 

A

<査証免除国からの来日と入国拒否>

⇒ たとえ査証免除国から日本に入国する場合でも、短期間に多数回日本に入国するようなケースでは、不法就労等を疑われて、入国審査官から質問を受けることがあり、場合によっては、入国を拒否されるケースもあるそうです。

 

そのため、仮に入国までも拒否される事態が生じた場合には、就労ビザの申請も視野に入れる必要が出てきます。