No.399-契約更改と入管法所定の契約機関に関する届出


 

Q 技能ビザ等を保有する2号中長期在留者が、契約機関との間で、契約期間の延長、報酬の増額等これまでの契約条件の一部変更を行った場合、届出事由とされる「新たな契約を締結したとき」に該当するとして、入管法所定の「契約機関に関する届出」は必要になるのですか?

 

 


 

A

<契約更改と契約機関に関する届出>

⇒ たとえ契約更改を行っても、入管法所定の「契約機関に関する届出」義務は生じません。届出事由とされる「新たな契約を締結したとき」とは、それまでの契約機関とは別の機関で契約締結した場合に限られ、契約更改した場合は含まれません。