活動機関からの離脱と入管法所定の活動機関に関する届出


 

Q ビザの種類を変更することなく、企業内転勤ビザ等を有する1号中長期在留者が、旧活動機関を退社し、新活動機関へ入社して移籍した場合、入管法所定の「活動機関に関する届出」は必要になりますか?

 

 



A この場合、届出事由とされる「活動機関から離脱したとき」に該当するため、旧活動機関との離脱の届出が必要になると同時に、別の届出事由とされる「新たな活動機関に移籍したとき」にも該当するため、新活動機関への移籍の届出が必要になります。

 

たとえ、旧活動機関から新活動機関への移籍に時間的間隔がない場合であっても、旧活動機関からの離脱の届出義務が生じます。

 

なお、ビザの種類変更を伴う場合は、旧ビザにおいて生じた離脱の届出義務は消滅します。