No.414-ビザ申請と過去の申請における資料の転用



Q ビザ申請時に過去の申請における資料を転用することが可能ですか?もし、過去の申請における資料の転用が認められる場合、手続として何が必要になりますか?

 

 



A 過去の申請における資料の転用を希望する場合、過去のどの申請のどの資料を転用するのかを明らかにした願出書を提出することになります。


もし、資料の転用について受付がなされると、過去の申請から資料の特定が行われ、資料の確認ができ、かつ、転用することに問題がない場合、資料提出の省略が認められます。

 

ただし、資料の確認ができない場合又は転用することが不適当な場合、追完資料の提出が求められます。


なお、転用を希望する資料について、原則として、転用を希望する資料が、申請日からさかのぼって1年以内に発行又は作成されている資料については、転用が認められますが、次に掲げる資料については留意が必要です。

(1) 有効期間が定められている資料
 ・・・ 申請日において有効期間内であることが必要です。

(2) 「発行後3か月以内のもの」、「申請前5年以内に当該書類が提出されている場合は必要でない」等、別段の期間の定めのある資料

 ・・・ 申請日において期間内であることが必要です。

(3) 在留資格認定証明書交付申請に係る写真

 ・・・ 写真の転用は認められません。