入管法施行規則で定める立証資料の追完



Q もし、ビザ変更(在留資格変更許可申請)等の各種ビザ申請において、入管法施行規則で定める立証資料を提出しなかった場合、どうなりますか?

 

 



A 入管法施行規則に定める立証資料がないビザ申請であっても、早期に立証資料を提出できると判断されれば、受け付けてもらえることがあります。


この場合、入管側から資料提出通知書により提出期限が設定され、原則として同通知書の発送日の翌日から起算して7日~10日以内(外国から取り寄せる場合、必要に応じて3週間以内の範囲)に立証資料を提出する必要があります。


もし、この期限内に提出しなければ、再度の提出が求められ、それでも立証資料を提出しなければ、法令上の形式的要件を欠いた申請と扱われます。