ビザの取消処分を規定する入管法第22条の4第1項第3号の具体例



Q 入管法第22条の4第1項第3号には、「前二号に掲げるもののほか、偽りその他不正の手段により、上陸許可の証印等を受けたこと。」をビザの取消事由としていますが、具体的にはどのような場合が該当しますか ?

 

 



 ビザの取消処分を規定する入管法第22条の4第1項第3号の具体例は、下記の通りです。


・ 外国人本人の芸能人としての経歴を偽り上陸許可基準に適合するかのように装って興行ビザの付与を受けた場合。


・ 学歴や職歴を偽って上陸許可基準に適合するかのように装って、ビザ変更(在留資格変更許可申請)の許可を受けた場合。