永住ビザの取消と入管法22条の4



Q 各種ビザの取消については入管法22条の4が適用されると聞いていますが、もし永住ビザが取り消される場合、入管法第22条の4第1項各号の内、いずれの号に該当して取り消されますか?

 

 



 入管法第22条の4第1項各号の内、永住ビザが取り消される場合に、適用が想定されるのは、入管法第22条の4第1項第3号と第4号が考えられます。


もし、永住許可に際し、事実関係を偽ってそれにより永住許可を受けたときは第3号が、不実の記載がある文書を提出して永住許可を受けたときは4号がそれぞれ適用され、永住ビザの取消処分がなされるものと考えられます。

 

なお、永住者は活動内容に制限を受けないビザであるため、活動内容を偽った場合に適用が想定される2号は適用されません。