高度専門職1号ビザと入国するための手続



Q 高度専門職1号ビザで入国するためには、どのような手続が必要ですか?

 



A  高度専門職1号ビザで日本に入国するためには、その内のイ・ロ・ハのいずれかに関する在留資格認定証明書の交付申請をすることが必要となります。


在留資格認定証明書の交付の申請の際には、自己採点した「ポイント計算書」を提出する必要があり、公開されているポイント表に基づいて、申請人が自らポイント計算を行い、合格点(70点以上)に達する場合には、ポイント計算書に疎明資料を添えて提出することになります。


審査の結果、就労資格による入国が可能であり、かつ、ポイントが合格点以上であることが確認された場合は、「高度専門職1号イ・ロ・ハ」のいずれかのビザが付記された在留資格認定証明書が交付されます。


その後、交付された在留資格認定証明書を添えて在外公館に査証申請し,査証が発給されれば、その在留資格認定証明書及び査証を所持して、上陸申請することになります。