高度専門職1号ビザにおける在留資格認定証明書交付申請の提出書類



Q 高度専門職1号ビザで入国するため、在留資格認定証明書交付の申請を行うには、どのような提出書類が必要ですか?



A  在留資格認定証明書交付申請に当たっては、行おうとする活動に応じた在留資格に係る申請書のほか、次の書類を提出する必要があります。

①  入管法施行規則別表第3の在留資格の下欄に掲げる文書
  ⇒ 活動の内容、期間、地位及び報酬を証する文書、学歴・職歴を証する文書、招へい機関の事業内容を明らかにする資料等

②  ポイント計算書

③  ポイント計算の各項目に関する疎明資料
  ⇒ 学位取得を証する文書、年収を明らかにする文書、研究実績を明らかにする文書(特許証明書,外国政府から競争的資金等を受けた研究に3回以上従事したことを明らかにする資料、学術論文データベースに登録されている学術雑誌に掲載されている論文が3本以上あることを明らかにする資料等)、業務に関連する我が国の国家資格等の証明書等


(注1)ポイントの合計が70点以上あることを確認できる資料を提出すれば足り、該当する項目全ての疎明資料を提出する必要はありません。
(注2)研究実績について,入国管理局では,エルゼビア(Elsevier)社の「サイバース・スコーパス(SciVerse Scopus)」という学術論文データベースを用いて論文の確認がなされます。