高度専門職外国人の就労する配偶者と在留資格認定証明書交付申請



Q 高度専門職外国人の就労する配偶者が、来日する場合の流れと在留中の注意点を教えてください?




A  高度専門職外国人の配偶者については、一定の要件を満たした上で、研究ビザ、教育ビザ、技術・人文知識・国際業務ビザ又は興行ビザに該当する活動が認められ、高度専門職外国人と共に入国する場合と同様に一定の要件を満たした上で、高度専門職外国人が先に入国した後、本国から呼び寄せることが可能です。


高度専門職外国人の就労する配偶者として許可を受けるためには、高度専門職外国人と同居し、かつ、日本人と同等額以上の報酬を受けることが必要です。

 

さらに、在留中は同居が継続していることが必要であり、在留中に高度専門職外国人と別居した場合は、許可された就労活動を行うことは認められないことになります(就労した場合は資格外活動となり、罰則や退去強制の対象となる可能性があります。)。