高度専門職外国人の就労する配偶者と在留資格認定証明書交付申請の許可要件



Q 高度専門職外国人の就労する配偶者について在留資格認定証明書が交付されるための要件を教えてください
 



A  高度専門職外国人の就労する配偶者について、在留資格認定証明書が発行されるためには下記の要件に適合することが必要になります。


1 行おうとする活動が特定活動告示別表第五に定める次のいずれかの活動に該当すること。
なお,学歴・職歴の要件は満たす必要がありません。
(1)  研究を行う業務に従事する活動
(2)  本邦の小学校,中学校,高等学校,中等教育学校,特別支援学校,専修学校又は各種学校若しくは設備及び編成に関してこれに準ずる教育機関において語学教育その他の教育をする活動
(3)  自然科学若しくは人文科学の分野に属する技術若しくは知識を必要とする業務又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する活動(入管法別表第一の二の表の研究の項,教育の項及び興行の項の下欄に掲げる活動を除く。)
(4)  興行に係る活動以外の芸能活動で次に掲げるもののいずれかに該当するもの
ア  商品又は事業の宣伝に係る活動
イ  放送番組(有線放送番組を含む。)又は映画の製作に係る活動
ウ  商業用写真の撮影に係る活動
エ  商業用のレコード,ビデオテープその他の記録媒体に録音又は録画を行う活動


2  高度専門職外国人である配偶者と同居するものであること。


3  日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。