高度専門職外国人の家事使用人



Q 高度専門職外国人の家事使用人について、2種類のタイプがあると聞いたのですが、それは本当ですか?

 

 



A  高度専門職外国人に雇用される家事使用人には2つのタイプがあり、1つ目は高度専門職外国人と共に本邦に転居する家事使用人(特定活動告示2号の2。以下「家事使用人(入国帯同型)」と言います。)、2つ目は高度専門職外国人に13歳未満の子がいること等により家事に従事することが認められる家事使用人(特定活動告示2号。以下「家事使用人(家庭事情型)」と言います。)です。


家事使用人(入国帯同型)は、雇用主と共に出国されることが予定されていることが必要であり、日本入国後の雇用主変更は認められません。


反対に、家事使用人(家庭事情型)は、日本入国後の雇用主変更が認められる一方、雇用主である高度専門職外国人の子が13歳に達したり、その配偶者が日常の家事に従事することができない事情が消滅したときは,在留期間の更新を受けることができないという違いがあります。

 

 


 

                     ご案内

 

 ビザ申請(就労ビザ・永住ビザ・配偶者ビザ)に関するお問い合せはこちら