親族・同居者による在留カードの申請等の取次



Q 親族・同居者により在留カードに係る申請・届出及び在留カードの受領を取り次ぐことはできますか


 



A  中長期在留者が16歳に満たない場合又は疾病その他の事由により在留カードに係る申請・届出及び在留カードの受領ができない場合、親族・同居者・同居者に準ずる者で地方入国管理局長が適当と認めるものは、その者からの依頼の有無にかかわらず、地方入国管理局長が適当と認めるときは、在留カードに係る申請・届出及び在留カードの受領を行うことができます。


なお、代理義務者がいる場合、その者による申請等が優先され代理義務者以外の者が申請等を取り次げるのは、代理義務者が本人に代わって申請等を行うことができない合理的な理由がある場合に限ります。

 

 



                           ご案内


 ビザ申請(就労ビザ・永住ビザ・配偶者ビザ)に関するお問い合せはこちら