No.524-ホテル・旅館を在留カード上の住居地として届けることの可否


 

Q 在留カードは、その記載事項として住居地が定められていますが、ホテル・旅館を住居地として届けることは可能ですか?

 

 


 

A 

<在留カード表示上の住居地>

⇒ 在留カードにおける住居地の意味は、「日本における主たる住居の所在地」であり、外形上住居としての実態を備え、継続的に居住することが予定されている場所であり、かつ、海外に生活の本拠があると認められる場合でも、日本国内における生活の根拠を示す概念です。

 

これを、ホテル・旅館の場合に当てはめてみると、宿泊契約に基づいて中長期間継続して居住することが予定されているのであれば、住居地としての届出は認められるが、ホテル・旅館に宿泊する日数が短期間等のときは住居地としての届出は認められないことになります。