在留資格変更許可申請等により新たに中長期在留者となった者の住居地の届出



Q 日本にこれまで中長期在留者以外の外国人として、日本に在留していたところ、在留資格変更許可、在留期間更新許可、永住許可、在留資格取得許可、在留特別許可(以下、在留資格変更許可等という。)を受けて、新たに中長期在留者となった場合、住居地の届出が必要と聞いたのですが、本当ですか

 

 



A  日本にこれまで中長期在留者以外の外国人として、日本に在留していたところ、在留資格変更許可、在留期間更新許可、永住許可、在留資格取得許可、在留特別許可を受けて、新たに中長期在留者となった場合、既に住居地を定めている者は在留資格変更等の許可日から、新たに住居地を定めた者はその住居地を定めた日から、それぞれ14日以内に、住居地の市区町村へ出頭し、市区町村長を経由して法務大臣に対し住居地を届け出なければなりません。

 

もし、住居地を定めたにもかかわらず、正当な理由なく許可を受けた日から90日以内に住居地を届け出なければ、在留資格の取消対象となり、罰則の適用対象にもなります。

 

 



                           ご案内


 ビザ申請(就労ビザ・永住ビザ・配偶者ビザ)に関するお問い合せはこちら