No.60-遺留分と遺言自由の原則


 

Q 遺留分を侵害した遺言書はどうなりますか?

 

 


 

A

<遺言自由の原則と遺留分>

⇒ 遺言の内容は、公序良俗に反するものを除き、自由に定めることができますが、遺留分を侵害した遺言は、遺留分減殺請求があればその限りで効力が否定されます。

 

相続人の遺留分を侵害する遺言も、当然に無効となるわけではありません。

 

もっとも、遺留分を侵害された相続人が、遺留分減殺請求権を行使すると、遺留分を侵害している者は、侵害している遺留分額の財産を遺留分権利者に返還しなければならず、返還する額をめぐって争いになるケースもあります。

 

そこで、遺産をめぐる争いを防ぐ意味でも、各相続人の遺留分を考慮した上で遺言書を作成した方が良いと言えます。

 

このように、遺言自由の原則も、遺留分の減殺請求が行われると、一定の修正がなされます。