生前における相続財産の不正利用


 

Q 被相続人が亡くなる前に寝たきり状態であり、預貯金の管理を同居していた長女が事実上行っていた場合に、それらが勝手に払い戻されていたとき、他の相続人はどのように対応したらいいのでしょうか?

 

 


 

A

<不正利用判明後の対応>

⇒ 相続人が被相続人の預貯金から勝手に払い戻しを受けたからといっても、中には正当な支出もありえるため、直ちに不当利得等の問題が生じるとは限りません。

 

そのため、相続人による預貯金の払戻に関して、いくつかのパターンに類型化することが有用と考えられます。

 

(1)相続人が自己利益を図る目的のため払戻を受けたケース

この場合、不当利得返還請求又は不法行為による損害賠償請求が認められることが考えられます。そして、それが法定相続分に応じて相続人に相続されると考えられます。

 

(2)真に被相続人の療養・看護に使われたと認めうるケース

この場合、問題のない支出として扱われます。

 

(3)被相続人の了解を得た上で、相続人の生計の資本等に使われたケース

この場合、特別受益の問題に該当します。

 

(4)最後まで使途不明であるケース

預貯金の払戻に関して、最後まで使途不明である場合、そのことに関して異議を唱える相続人がいれば、訴訟事項として解決されるべき問題となります。