No.9-公正証書遺言と証人


 

Q 公正証書遺言を作成する場合、証人が2名以上要求されると聞きましたが、本当でしょうか?

 

 


 

A

<公正証書遺言作成時の証人の意義>

⇒ 証人は、公正証書遺言作成時に2名以上必要とされ、①遺言者に人違いのないことの確認②自己の意思に基づいて遺言の趣旨を口授することの確認③公証人による遺言者の口述の筆記が正確であることの確認をそれぞれ行い、公正証書に署名捺印することを職務とします。

 

証人は、公正証書遺言が作成される場に同席し、その場で遺言者が述べたとおりに公正証書に記載されているかを確認し、遺言者と共に公正証書に署名押印しなければなりません。

 

ただし、公正証書遺言作成時の証人は誰でも就任できるわけではなく、下記に定める者は、証人にはなれず、法律上一定の欠格事由が定められています。

 

さらに、証人がその職務として、確認や署名を行うため、下記に定める者は解釈上事実上の欠格事由として考えられています。

 

<法律上の欠格事由>

⇒ 未成年者、推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族、公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

 

<事実上の欠格事由>

 署名できない者、公証人による筆記の正確性を確認できない者等判断能力に問題のある者

 

なお、欠格者が証人として同席した場合の公正証書遺言は基本的に無効とされます。