国際結婚において海外での婚姻手続又は日本での婚姻手続かにより異なるビザ申請方法



国際結婚とビザの関係

日本人の配偶者等ビザを付与してもらうには、そもそも日本人と婚姻する必要があり、流れとしては、当事者間で婚姻が成立した後、別途入国管理局において在留資格認定証明書交付申請、又は在留資格変更許可申請を行う必要があります。

 

上記のように、日本人の配偶者等ビザを得るためには、婚姻手続と入管手続のいずれも行う必要があるわけですが、外国人配偶者が国内にいるのか、又は国外にいるのかで二通りの方法があります。

 

「外国人配偶者が現在海外にいる場合」

⇒ この場合、「在留資格認定証明書交付申請」を行うことを念頭に、日本人が海外へ赴き、現地で婚姻手続を済ませて、日本人だけが先に帰国し、住所地の市区町村へ婚姻届を出して、その後に在留資格認定証明書交付申請を行います。

 

「既に外国人配偶者が日本にいる場合」

⇒ この場合、「短期滞在ビザから日本人の配偶者等ビザへの在留資格変更許可申請」を行うことを念頭に、日本国内で婚姻手続を行い、その後、在留資格変更許可申請を行います。