ビザ申請解説_No.11_技術・人文知識・国際業務ビザと派遣契約


 

Q.

雇用契約ではなく派遣契約に基づいて、技術・人文知識・国際業務ビザの在留資格で日本に在留しようと考えている場合、どのようなことに注意すべきですか?

 

 


 

A.

雇用契約ではなく派遣契約に基づいて、技術・人文知識・国際業務ビザの在留資格で日本に在留しようと考えている場合、活動の安定性の観点から、原則、派遣先の有無に関係なく派遣事業者と雇用契約が締結される常用型派遣である必要があります。

 

ただし、派遣先が存在するときのみ派遣事業者と雇用契約が存在する登録型派遣についても 、特定された派遣先で技術・人文知識・国際業務ビザの在留資格該当性ある活動を行うことが見込まれるときは、登録型派遣でも問題ありません。