ビザ申請解説_No.1_外国人が転職した場合のビザ申請


 

Q.

私は、技術。人文知識・国際業務ビザでIT会社に勤める外国人ですが、この度、別会社に転職しました。今のビザを維持する上で気を付けるべき点はありますか?

 

 


 

A.

在留期限まで半年以上ある場合、転職時に就労資格証明書の申請をする方が望ましいとされます。

 

これは、「技術・人文知識・国際業務」といった就労ビザでは、「その外国人の従事する業務内容、仕事内容」、「会社の財務状態」等の項目を審査した上で許可されるものであり、転職先が

これらの要件を充足しているのかについて、一度も入管で審査されていないことによります。

 

反対に在留期限まで半年に満たない場合、就労資格証明書が交付されても、すぐにビザの更新時期を迎えることになるため、ビザ更新手続きだけを行うのが一般的です。