代理店契約書の意義


【意義】

代理店契約とは、メーカーが販売代理店に対し、商品の販売活動を委託する契約をいい、その種類として「代理型」「転売型」があります。また、「媒介型」と位置付けられるものもあります。

 

 


【代理型の代理店契約】

代理型の業務委託契約とは、メーカーが販売代理店に対し、顧客との売買契約締結を目的とする代理権を付与し、販売代理店がメーカーの代理人として顧客と売買契約を締結し、その効果が直接メーカーに帰属する類型です。

 

ここでいう販売代理店は、商法上の「締約代理商」に該当するものといえます。

 

 


【転売型の代理店契約】

転売型の代理店契約は、販売代理店が売買契約によりメーカーから対象商品を買い入れし、それを顧客との売買契約に基づき顧客へ転売するという類型です

 

 


【媒介型の代理店契約】

媒介型の代理店契約は、メーカーと顧客間の売買契約を成立させるため、メーカーが販売代理店に対し、仲介、斡旋、勧誘等の媒介行為を委任する類型です。

 

ここでいう販売代理店は、商法上の「媒介代理商」に該当するものといえます。

 

 


【区分の重要性】

代理店契約では、上記のように「代理型」、【転売型】又は【媒介型】に分類することが重要となります。これらは、同じ代理店契約という名を用いていても、それぞれ法的性質が異なり、定める内容も異なってくることに基づきます。

 

例えば、【転売型】では、販売代理店がメーカーから商品を買い入れる形になるため、契約不適合責任、危険負担等の事項が規定されますが、【代理型】では、これらの事項は、定められない形となります。