基本契約書の意義


【意義】

基本契約書とは、当事者間で反復継続して行われる取引について、共通して適用される条項を定めた契約書のことをいい、基本売買契約書、部品取引基本契約書、資材取引基本契約書等様々な形で用いられます。

 

反復継続して取引を行う場合、その都度契約書を作成するのは、手間がかかるため、個々の取引に共通して適用される条項を基本契約書に定めることがあります。

 

 


【基本契約書の使い方】

 

当事者間で基本契約を締結し、個々の取引を成立させる場合には、別に個別契約を締結することになります。個別契約を成立させる方法として、実務では、注文書の交付と請書の交付による成立が一般的です。

 

 


【基本契約で考慮すべき点】

 

基本契約は、長期の契約を前提とする契約であるため、事業環境の変化により取引をやめたい、契約内容を変更したい等といった要望が出てきます。

 

そのため、基本契約では、契約期間の更新方法、契約内容の変更方法等については、当事者間で明確に合意した上で契約締結する必要があります。