業務委託契約書の意義


【意義】

業務委託契約とは、業務を行うことを委託する契約をいい、その種類として「委任型」「請負型」があります。

 

 


【委任型の業務委託契約】

委任型の業務委託契約とは、委任者が受任者に対し、契約等の法律行為をすることを委託する場合(ex.弁護士との委任契約等)又は事務を行うことを委託する場合(ex.=準委任)がこれに該当します。

 

このタイプの業務委託契約では、仕事の完成(=成果物の作成)は前提とはならず、善管注意義務を負うものの、役務の提供をしていれば、債務を履行していることになります。

 

 


【請負型の業務委託契約】

請負型の業務委託契約とは、請負人が注文者に対し、仕事の完成を約する場合(ex.製作物供給契約、ホームページ制作委託契約等)がこれに該当します。このタイプの業務委託契約では、仕事の完成(=成果物の作成)が前提となるため、納期、所有権の移転時期、著作権の帰属等の項目を取り決めることになります。

 

 


【業務内容の明確化】

上記の【委任型の業務委託契約】又は【請負型の業務委託契約】のいずれであっても、業務内容が債務不履行及び契約不適合があったか否かの基準になるため、その業務内容を明確にすることが重要となります。

 

 


【契約時までに業務内容が決まらない場合】

業務委託契約締結時までに業務内容を決めておくのが望ましいですが、実際には決まらない場合も多々あります(ex.システム開発委託契約)。その場合には、契約締結時点で大まかな内容を定めておき、細かい内容については、契約締結後別途仕様書等を用いて取り決めることが必要と考えられます。