SES契約書の意義


【意義】

SES契約とは、準委任契約に基づきエンジニア等の要員を他者の開発案件等に従事させる契約のことをいい、SESとは、システムエンジニアリングサービスの略称をいいます。

 

なお、SES契約では、受託者の従業員が委託者の事業所に常駐する形を採ることが多いといえます。

  

 


【SES契約で問題になる偽装請負のリスク及びその対応策のポイント】

 

【リスクのポイント】

SES契約では、受託者の従業員が委託者の事業所に常駐する形を採るのが多く、委託者の担当者から受託者の従業員に直接指示を行うと「偽装請負」と評価されるリスクがあります。

 

もし、偽装請負だと判断されると労働者派遣法においてその時点における受託者及び受託者の従業員間に係る労働条件と同一の労働条件を内容とする労働契約の申込みを委託者が受託者の従業員へ行ったものとみなされるため、受託者の従業員が希望すれば、委託者が直接受託者の従業員を雇用しなければならないリスクがあります。

 

【委託者側の対応策】

上記のリスクに対する委託者側の対応策としては、受託者に業務責任者を選任してもらい、受託者へ指示を出す場合には、全てその業務責任者を通じて行うことが挙げられ、受託者の従業員へ直接指示を出すのを控えることが重要となります。