No.63-外国人の子の出生と家族滞在ビザ、永住者ビザ、永住者の配偶者等ビザ又は定住者ビザの付与


 

Q 外国籍の子が生まれた場合、その子に付与されるであろう在留資格としては何が考えられますか?

 

 


 

A

<子に対する在留資格の付与>

⇒ 両親共に外国人である場合において、その夫婦間で子が誕生したときは、付与されるビザとして考え得るものとして、「家族滞在ビザ」、「永住者ビザ」、「永住者の配偶者等ビザ」、「定住者ビザ」が考えられます。

 

<子が日本で出生した場合>

⇒ 外国人同士の間で生まれた子が出生後60日を経過して日本に滞在する場合には、在留資格取得許可申請を行う必要があります。

 

具体的な手続としては、60日を超えて滞在する意思がある場合には、出生後30日以内に住居地を管轄する地方入国管理官署へ申請する必要があります。

 

なお、出生から60日以内であれば、この在留資格取得許可申請をせずに、ビザがない状態で日本に滞在することができますが、何もせずに60日を経過すると、退去強制手続の対象となるので注意を要します。