No.67-日本人夫(妻)が勤務先でリストラにあった場合に日本人の配偶者等ビザの許可へ与える影響


 

Q 現在、私は日本人の配偶者等ビザで在留する外国人ですが、日本人夫が勤務先をリストラされました。このような事情が、私の有する日本人の配偶者等ビザの更新申請に何か影響がありますか?

 

 


 

A

<日本人の配偶者等ビザの審査対象>

⇒ 日本人の配偶者等ビザが認められる要件として、婚姻の信憑性が挙げられると共に、継続的に夫婦生活を営むことができるかという点も審査対象になります。

 

そこで、日本人夫(妻)が勤め先でリストラにあった場合、継続的に夫婦生活を営む可能性が低いとして、日本人の配偶者等ビザの更新は認められないのか問題となります。

 

この点、日本人夫(妻)がリストラにあった場合、日本人の配偶者等ビザが認められるか否かの最終的な判断は、入管次第といったところではありますが、申請する側としてできる対応策としては、日本人夫(妻)のリストラ後、求職活動を行っていることの証明を書類として、提出することが考えられます。