技能ビザとコック(調理師・パティシエ・料理人)の招へいと技能ビザで認められる料理内容の具体例


 

Q 外国人コックを日本へ招へいする場合、どのビザで申請する必要がありますか?

 

 


 

A

<外国人コックの招へいに関する概要>

⇒ 外国人コックを日本に招へいする場合、技能ビザを検討することが一般的であり、

(1)行う活動が「本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動」であること。

 

(2)料理の調理又は食品の製造に係る技能で外国において考案され我が国において特殊なものを要する業務に従事する者で、10年以上の実務経験 (外国の教育機関において当該料理の調理又は食品の製造に係る科目を専攻した期間を含む。) を有する者であること

 

(3)日本人が従事する場合に受ける報酬額と同等額以上の報酬を受けること

の要件を満たせば、外国人コックを技能ビザの資格で日本に連れてくることができます。

 

 

 <技能ビザ(外国人コック)の具体例>

⇒ 技能ビザで想定される外国人コックの例としては、中華料理やフランス料理等の調理師、パンやデザートを製造する調理師やパティシエが該当します。

 

ただし、中華料理のコックであっても、技能ビザが認められるためには、技能が特殊分野に属する技能である必要があるため、ラーメンや餃子等しか作れない場合、「技能ビザ」には該当しないとされます

 

ただし、中華料理の「点心」を作る場合には、「技能ビザ」の範囲に入るとされます。